10月 5, 2015

生活習慣が乱れがちな中年男性は、お腹の健康状態も悪い傾向にあります。胃腸が持っている自然治癒力が損なわれて、腹部の不快感や便秘が長続きすることも珍しくありません。消化器科の診療を受けて原因が判明しても、日常の生活習慣を規則正しくしなければ根本的な解決にはなりません。 消化器科で診療を受ける際には、医師からケルセチンを摂取するようにアドバイスされることがあります。ケルセチンは生薬のサンザシの有効成分の一つであり、漢方では健胃薬として使われています。一般的な食材としては、玉ねぎに多く含まれています。ケルセチンを摂取することで、健胃を促進して腹部の不快感を解消できます。ケルセチンには胃がんの予防効果もあるとされているため、中年男性にとっても極めて有益な成分となります。 消化器科で漢方薬の処方が可能な病院であれば、サンザシを含む加味平胃散や啓脾湯などを処方してもらうことも有効です。漢方薬は複数の生薬の働きによって効果が相乗的となるもので、中年男性にとっても効き目がマイルドになる特徴があります。近代医学の治療を行う病院においても、漢方の健胃薬の有用性が認められています。 漢方薬として利用するだけでなく、サンザシエキスが配合されたサプリメントを飲んで健康を促進することもできます。サンザシエキスには胃液の分泌を促進させる効果がありますから、食欲不振や胃炎の症状に対して有効に作用します。二日酔いや下痢の症状を抑制する働きがあるおかげで、お酒を飲み過ぎた後に服用することも賢い方法となります。血清コレステロールや中性脂肪を低下させる作用もあり、運動不足で太り気味な中年男性の体質を改善させるためにも役立ちます。 [...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme