7月 22, 2015

中年男性の多くはいくつになってもパートナーと性交渉を楽しみたいと考えていますが、勃起出来ずにセックスを諦めてしまうシチューションがあります。中には勃起するものの中折れしてしまう、勃起しても十分な硬さが得られないなどのトラブルもあります。これらはすべてEDと呼ばれており、現在は治療が可能となっています。 EDになってしまう理由はいくつかありますが、工事現場での作業事故が原因となることがあります。特に膀胱や尿道、骨盤などを損傷してしまうと、EDになることがあるのです。そのため、作業中の安全管理は徹底されなければなりません。さらに、膀胱がん、直腸がん、前立腺がんなどの骨盤内の悪性腫瘍の摘出手術では、勃起に必要な神経を損傷する可能性があります。これらの病気は早期発見早期治療が大切です。そのほかにデスクワークが続くのもEDに繋がってしまいます。筋肉が硬直して血液の流れが悪くなり、勃起に必要な血液がペニスの海綿体へ届かなくなってしまうのです。適度な運動やストレッチをすることで血流の改善が出来ます。また、現代人はジャンクフードなどを摂取することが多く、食生活のバランスが乱れています。ジャンクフードにはオレイン酸が含まれており、体内に悪玉コレステロールが増加して、EDになってしまうのです。 EDの治療にはバイアグラ、シアリス、レビトラなどの治療薬によって治療を行いますが、薬代が高いというデメリットがありました。そのため、インドなどの製薬会社で作られている安価なジェネリックも登場しています。そのほかににんじんもEDに効果があるとされています。そのまま食べることはむずかしいので、ジュースにすることで毎日摂取することが出来るでしょう。 [...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme